「糸から作る」風合いと手触り|オーダーメイド婦人服・シルクニット・絹製品 コウジュササキ

「糸から作る」風合いと手触り。糸の配合から創作すれば色やイメージが思いのまま。

洋服を「糸」からご一緒に

自社撚糸工場にて糸を製造

糸の撚りも自社でコントロール

 お好みの生地を選ぶよりもさらに前。コウジュササキは、古くから伝わる丹後縮緬の製造で培った技術を生かし、撚糸(ねんし)からオーダーメイドで承ることができます。編地見本の中からお気に入りのカラー、糸の種類を選択いただくだけでなく、オプションでお客様オリジナルの配色、風合いを持たせたシルク素材にも可能な限り対応しております。

すべて国内オリジナル生産

 自社撚糸工場にて作成されたシルク素材(他には流通し得ない自社独自の糸)をもとに、熟練職人の手により編みあげ、縫製されていきます。この生産工程はもちろん、すべて国内オリジナル。原料の糸から製品まで、弊社企画・国内一貫生産が取れるのは、丹後絹織物産地の強みとも言えます。

同じ素材でも様々な風合いが出せる

風合いと手触りを自分好みに

 シルク生地は、セリシンの落とし具合によって手触りをコントロールできる素材です。この加工技術により、同じシルクでも、いろんな風合いを出すことができます。大量生産品と異なり、糸の製造や製造工程そのものを目的に応じて変化させられる、コウジュササキならではの特徴です。

加工技術によるバリエーション

 一言にシルクといっても、加工方法は様々です。同じ繭から採取した糸でも、撚り具合や使用する箇所によって風合いは変わります。また、シルクはオールシーズンで使用できす素材ですが、織り方を薄くすることで夏用に作るなど、加工方法で様々な目的に対応できます。コウジュササキはシルクのみ扱うニットメーカーですが、単一の素材であっても、技術によって無限の生地を作成することができます。